最初に出すメール

メールの返信をもらったらできるだけで早くお返事を書くようにしましょう。せっかくメールをくれたのに、いつまでも返事を書かないままでいたらもう自分の事忘れられちゃったのかなと相手に悲しい思いをさせてしまいます。たくさんの人にメールしていて返信を貰ってもどのメールの人だったかわからないということのないように、送信したメールも念のため削除せずとっておきましょう。そして、分かりやすく分類しておけば確認もスムーズに行なえます。女性の場合、一日ももらうメールの数も相当なものでしょうから、その中から返信がきたということはかなり脈アリなのではないでしょうか。
しかし、ここで焦ってはいけません。返事は早く書いたほうがいいですが、結論を急いではいけません。しばらくは当たり障りのない話題で盛り上げるようにしてみてください。
メールは実際に会うために必要なツールでもありますが、気が合うかどうかの確認もやっておくべきでしょう。せっかく会う約束をしたのに実際にあってみたら、なんか違ったというのではせっかくの時間ももったいないです。メールで分かる範囲の相性は調べておいたほうがいいと思いますね。ただ、会ってみたら意外といい人だったということもあるので、メールの段階の振り分けはヘタをするといい出会いのチャンスを逃すことにも繋がります。
それでも、フレンドナビにはたくさんの会員がいるので過去は振り返らずにどんどん前に突き進んでいく利用法も潔いと思います。

どちらにしても最初に出すメールは、エッチな要素は抜きにしておいたほうがいいですね。

少しずつ相手の様子を見ながら自分の目的にそった内容のメールにしていくことをおすすめします。自分の欲望もあれば、相手にも欲望はあるのですからほどよき所で話をつけるといいでしょう。

返信したくなるメール

フレンドナビでは、最初のメールのやり取りで、その相手と出会えるかどうか、ほぼ決めると言ってもいいかもしれません。
最初のメールで、相手に好印象を与えることができれば、もはや半分出会えたも同然です。
逆に、最初のメールで悪い印象を与えてしまうと、もはや出会える可能性は限りなくゼロになってしまいます。
かと言って、無難なメールを送っても、やはり出会える可能性は低いです。

とにかく最初のメールは、本当に重要なのです。
どれだけ忙しくて時間のない人でも、最初のメールだけは、しっかりと時間をかけて作成するようにしましょう。

そもそも、これはフレンドナビに限らず、現実の世界でも言えることですが、第一印象が良い相手には、こっちも心を開きたくなるものです。
逆に第一印象が悪い相手には、避けたいという思いが働くと思います。

フレンドナビだって、それは全く同じことなのです。
最初のメールで、相手の第一印象さえ良くしてしまえば、相手も自分に対して心を開いてくれるはずです。

もちろん、それ以降のメールに関しても、決して手を抜いてはいけませんが、そこまで力を入れる必要もありません。
でも、最初のメールだけは、全身全霊を込めて、メールを送ってください。

人によっては、少しでも返信率を上げるために、ほとんど同じような文章をコピーして、大勢の相手に一斉にメールを送る人もいます。
もちろん、人それぞれやり方は違うので、そのような方法を否定するつもりは全くありません。
でも、個人的には、最初のメールに関しては、やはり時間をかけてじっくりと作成してもらいたいと思います。

中身の濃いメールを送れば、いくら多くの男性からメールをもらっている女性でも、返信したい気持ちになると思います。
逆に、中身の薄いメールには、たとえそれが初めてもらったメールであっても、返信したくないと思うかもしれません。

出会い系サイト規制法

今やフレンドナビでは必須となった年齢認証。
前回の記事では、それでも尚フレンドナビの1000機能を使いたいという方の為に年齢認証の仕組みについてお話させて頂きました。
今回は、その年齢認証無しでもフレンドナビが楽しめるという裏技に触れたいと思います。
まず前提として、2008年に改正された出会い系サイト規制法以降、男女の性的な出会いを目的とした書き込みやメール送信は堅く禁じられています。
禁じられるとそれを逆手に取る輩も出てくるわけで、「表に出なければいいんでしょう」と言わんばかりに抜け道が編み出されました。
どういうことかと言うと、それらのサイト内では一切「男女の出会い」をにおわす言葉は使われず、趣味や共通の悩み等という切り口でサイトが運営されているのです。
遠回し過ぎて本当に成立するのかという疑問はわきますが、表向きは同じ趣味や悩みを持つ同士が集まる健全な友達募集。
しかし実態は今までのフレンドナビと変わらないコミュニケーションが続いているのです。

では、出会い系サイト規制法は意味ないの?と思われる方もいるでしょう。
そうではありません。
出会い系サイト業界に大きな影響は及ぼしたことは間違いないのですが、全てを解決できるわけではありません。
こんな風にテーマが全然違うと見分けるのは難しいですし、当局が踏み込めないのも無理ありません。
掲示板に男女の出会いに関連する言葉を入力をすればエラーになって先へ進めない仕組みがあっても利用者は共通の隠語を作ってやり取りをしますから、ここまでくると利用者側のモラルの問題というところでしょうか。

オタクに好かれる

私は以前から、オタクに好かれる傾向にあるのですが、フレンドナビで会った人もやはりオタクで、ちょっと笑っちゃいました。

最初のメールを貰って、その人のプロフィールを確認したところ、オタクを感じさせるような内容では無かったので、返信をしたら2ショットチャットに誘われて、
チャットをしていたのです。

やはりその時にもオタクは感じませんでした。

実際に会おうと言った話になって、彼が指定してきた場所は秋葉原でした。
比較的私の家からも近いので、そこで会うことになったのですが、
彼を見た途端に驚かされました、フレンドナビで接していたイメージとは全く違っていて、別人かと思ったほどでした。

リュックを背中にしょって、なにやら紙袋を両手で持って現れたのです。
声をかけられた途端に、しまった~~!またかよ!って思ったのです。

私の身長は、150cmで、色白で、声は鼻に掛かったアニメ声と言われます。
声をかけられて「こんにちは。」と挨拶をした途端に、彼からは『やっぱりだ~!』
と言う喜びの声が発せられました。

見た通り、彼はかなりのアニメオタクだったのです。

とりあえず、カフェで話をすることになったのですが、やはり彼の注文したのは、
パフェでした。

話をしていると、オタク用語みたいな言葉使いで、紙袋から変なアニメの衣装を取り出して、これを来てみて欲しいと彼が言い出したのです。
これには「もうちょっとゴメンだわ」と思ってその場をすぐに逃げてきました。

やはり、フレンドナビだな~。とつくづく感じた一日でした。

恋人同士になれる人

出会い系サイトは出会いの場として認識されていますが、サイト自体も恋人探しのお手伝いをしています。
場所はネット上ですが実在している結婚相談所とあまり変わらない存在なのです。
その中でも、フレンドナビは定評があります。
ここを利用した事のある人はわかると思いますが、恋人探しに便利なサイトなのです。
会員は非常に多く、150万人を超えると言われています。
この会員のほとんどの目的が出会いではありますが、出会ってから恋人同士になれる人を探している人も多くいるのです。

しかし、何万人の中から相手を探すのは非常に困難です。
だからこそ、会員のプロフィール検索・閲覧、写真閲覧が無料でできるようになっています。
これらのサポートサービスは恋人探しには無くてはならないものです。

フレンドナビでは利用料がかかりませんから時間をかけ、根気よく利用していけば、会員は好きなだけ相手を自由に探すことができるのです。
そして、メール交換をする相手が見つかれば出会うことになるでしょうが、
ただ1度の出会いでなく相談相手のように長く付き合っていける仲になることも可能です。
もちろん、その後はお互いに惹かれあうようなら恋人同士となることも可能でしょう。

とにかく、利用者は行動に起こすことが何よりも大事なのです。
初めてのメールからメール交換をするような仲になり、写真なども交換して素敵な恋人をゲットして下さい。
フレンドナビでは、会員数がどこよりも多く、会員の年齢が幅広いので理想的なバランスをしています。
だからこそ恋人を見つけることができるのです。

恋人が本当に欲しいと思っている人には絶対にお勧めできるサイトです。
まずは、会員登録を済ませ、プロフィール検索やプロフィールの閲覧をし、写真が載っていればチェックすることです。
恋人が欲しいなら、とにかく行動を起こすことです。
根気よく探していく事で、必ず自慢の恋人が見つかると思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.